フリーページ
ショップ紹介

ワックス・コンサルタント
アテンティブ代表 石本 篤

私は建築材料関係の仕事を20年行ってくる中で、ミサワホーム、住友林業グループを始め、工務店、個人の大工さんと接しながら仕事をして参りました。
このショップでは、私が扱っている素晴らしいワックスを、一人でも多くの方に知って頂けるように参りたいと考えております。
また最近では、上述しましたことは勿論のこと、それに加え、住まいをより良く快適に生活できる商品も皆様にお伝えさせて頂こうと邁進しておりますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
ショッピングカートを見る
オススメ商品
商品検索

rss atom
 

 

 

有名番組「テレビチャンピオン 大食い選手権」に出演し、ギャル曽根さんと張り合ったと同時に友達でもある嘉数さんのお宅に、床ワックスをかけさせて頂きました!

 

          

 

 

みなさんも少なからず経験があると思いますが、いざ床にワックスをかけようと思ったら、頭の中でなんとなくやり方は理解していたのに、具体的に作業を行う前になると、

 

「何から始めたらいいのかな?」


「床ワックスを上手に塗るコツってあるのかな?」


「きちんと出来るか少し不安だな」


 

などと思われる方も多いと思います。

そこで、今回嘉数さんのご好意により、ご自宅にワックスをかける様子の掲載許可を頂きましたので、私がお伺いするところから順を追って説明したいと思います。作業の順序やワックスかけ時の雰囲気を汲み取って頂けますと幸いです。
※私がお伺いするところは余計に思われるかもしれませんが(笑)、全体の流れとしてご理解して頂けますと幸いです。

 

 

 

 

荷物の準備も出来たし、それでは嘉数さんのお宅にしゅっぱ〜つ!!

と意気込んではみたものの、実は、この日の二週間ほど前に中指を怪我していたのです。

 

 

ワックスコンサルタントは手が武器である私が、不覚にも怪我をしてしまうとはなんともお粗末なことで、しかも怪我の理由が夕食の手伝いで指を切ってしまったという本当にどうしようもない理由なのです(トホホ)。

 

まだ傷口に痛みがあるので作業に支障がでないか気になるところですが、そんなことばかりを気にしていられないので、少しでも作業を行いやすいようにガーゼからバンソウコウに付け替えて張り切っていきたいと思います!

 

 

 

 

 

 

若干緊張しながら玄関の前に立ち、インターホンを押すと家の中から嘉数さんと愛犬メルちゃんが出迎えてくれました!

 

 

 

実際にお会いするとテレビで観るより本当に細くて、一体この体のどこに沢山の食べ物が入るのか不思議で、私には理解できません!

 

 

早速ワックスをかける部屋に案内してもらい、嘉数さんにもお手伝いをお願いしてさあ作業開始です!

 

 

 

 

 

当然のことですが、床ワックスをかけるには部屋全体を見渡してどういう手順で作業を行うか考えないといけませんよね。

今回ワックスをかけさせて頂く部屋は、リビングダイニングの部屋で約12畳あり、部屋を半分に分けて作業を行うことにしました。

 

 

 

移動出来る物は移動させ、掃除機でゴミやホコリを吸い取っていきます。

 

 

 

 

 

大きなホコリやゴミを掃除できたら、次は床表面の汚れ落としです。

 

 

 

ユニクリンを薄めたバケツの中にタオルを浸し、よく絞って床表面を拭いていくのですが、一見綺麗に見える床も軽く表面を拭くだけでタオル一面が直ぐ真っ黒になって汚れてしまいます。

いや〜ホント、汚れ落としの作業でいつも感じる事ですが、目には見えない汚れっていっぱい付いているのですね〜。実は、作業の中で汚れ落としが一番大変だったりします。

 

嘉数さんのお宅の場合、ペットを飼っていらっしゃるせいか、黒い汚れが至る所に付いていました。

 

 

 

嘉数さんはいつも床の拭き掃除をする時に、水拭きでは落ちない黒ずんだ汚れを落とすために市販の洗剤を使って落とすそうですが、頑固にこびり付いた汚れは全く落ちなかったため諦めていたところ、今回行った洗剤拭きで綺麗に汚れが落ちていくのでびっくりしていました(笑)。

少しずつですが着々と汚れを落としていき、洗剤拭きが終わると、あとは水拭きと乾拭きをしていよいよワックスかけの作業開始!

 

 

 

 

 

意外と忘れがちなのが、ワックスを塗っていく場所の順番です。

 

何も考えずに部屋の出入り口から塗り始めようものなら、自分が部屋から出られなくなりワックスが乾燥するまでその場所から動けなくなる可能性があるからです。

乾燥時間の間に他の作業を行おうと考えていて出来なくなるくらいならいいですが、トイレに行きたくなったりなんかしたら、そりゃあもう大変ですからね(焦)。幸いな事に私はそのような経験は今のところありませんので(笑)。

 

ですので、もしあなたがワックスを塗ろうとする場合、塗り始める前にどのような順番で塗っていくといいかよく考えてから塗るようにしてくださいね。

 

 

 

 

 

ワックスを塗る場所の順番も決まり、ワックスかけの作業開始です。

 

 

塗るこつは、タオルにワックスをタップリと付け、手に力を入れすぎずにスーッと伸ばしていく感じです。嘉数さんは初めてとは思えないくらい上手でした。

 

 

関心ばかりしていないで、私もワックスかけをしないといけませんね(焦)。

 

 

部屋の半分が塗り終わり乾燥時間の間に昼食を済ませ、そして私はキッチン側の床にワックスをかけることにしました。

 

2度塗りが終わり後は乾燥するだけ。と思っていたら、その時ハプニングが発生しました!

 

それまでは非常に大人しく椅子の上にじっとしていたメルちゃんが、何を思ったのか急にトコトコと歩き出し、まだ乾燥していないキッチン側の床を歩いてしまったではないですか!
恐る恐るメルちゃんが歩いた所を見てみると、肉球の跡がしっかり付いていたのです(滝汗)。

メルちゃんは私が焦っている様子を見て悪い事をしたと分かったのか、私が作業をしているところに来て尻尾を振って愛想をしてくれました(苦笑)。

 

本来ならワックスが乾燥するまで入れないようにしておくべきなのですが、まるで置物のように椅子の上でじっと大人しいメルちゃんだった為、私が嘉数さんにお願いせずそのままそっとしておいたのがいけなかったのです(反省)。

この時はワックスを塗ったばかりということもあり、ユニクリンの原液で比較的簡単に剥離が出来たのですが、剥離も汚れ落とし同様、非常に大変な作業になるので、ワックスをかける時はみなさんも気をつけてくださいね。

 

 

 

 

 

部屋全体のワックスかけも終わり、さあこれでお終い。と言いたいところですが、当然、使った道具は綺麗に洗い次に使えるように後片付けをしておきましょう。

 

ちょっとしたハプニングもありましたが(苦笑)、心配していた指の傷口もそんなに痛まず、中断してご迷惑をおかけしてしまうこともなく無事に終わることができました。

嘉数さんの多大なご協力により、とても素晴らしい内容を掲載することができ感謝いたします!

 

この度は、本当にありがとうございました!!

 

 

 

 

 

 

床がぴかぴかになり、嘉数さんも大満足!メルちゃんもワックスの滑り止め効果が効いているお陰か、ワックスかけ前より少しだけ歩きやすそうにしていると嘉数さんが仰っていました。  

 

 

                                 [トップページへもどる→]